頒布フォント基本利用規約

第1条 (定義)

  1. 「本規約」とは、この「頒布フォント基本利用規約」を指します。
  2. 「本フォント提供元」とは、本サイト・許諾先サイト・許諾先書籍・および個別契約において頒布を許可された媒体において、当方が許可した媒体または当方によって個別フォントを提供・供給する役務を担う媒体を指します。
  3. 「利用者」とは、本フォント提供元で頒布する個別フォントを本規約を遵守の上、利用する者を指します。
  4. 「製作者」とは、本フォント提供元で頒布する個別フォントを作成・提供に行う者を指し、個別フォントにて別途言及がある場合を除き、 原則として ぱんかれ (pumpCurry) 個人のことを指します。
  5. 「当方」とは、製作者が運用する主たる団体「5r4ce2(ファイバーフォースツー)」および、「ほげらこむ管理組合」を指します。
    1. ただし、「個別契約」においての当方は、別途言及がない限り原則として製作者が運用する主たる団体「5r4ce2(ファイバーフォースツー)」を指します。
    2. webサーバ・webサービスにおいて、本サイトのうちhogera.com / hogera.ne.jp / hogera.jp 等のhogeraドメイン上から直接個別フォントを読み込ませる・ダウンロードさせるなどで役務を提供する場合においての当方は、別途言及がない限り「ほげらこむ管理組合」を指します。
  6. 「本サイト」とは、当方が運営するウェブサイト「542.jp および 5r4ce2.jp(ファイバーフォースツードットジェーピー) 」を指します。
    1. 理由の如何を問わず、ウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます)を指します。
    2. 2022年3月28日までの過去の個別契約においては、ほげらこむ管理組合にて管理されていた www.hogera.com/pcb/ および www.hogera.com/pcb/font/ を指します。
  7. 「許諾先サイト」とは、第3条で定義された本サイト以外で個別フォントの提供を行っている、当方以外が運営する媒体のことを指します。
  8. 「許諾先書籍」とは、第3条で定義された本サイト以外で個別フォントの提供を行っている、当方以外が出版した媒体および当方以外が出版した媒体に添付された電磁記録媒体(付録)を指します。
  9. 「個別フォント」とは、頒布を許可された媒体にて、本フォント提供元において媒体で頒布する個々のフォントを指します。
  10. 「個別契約」とは個別フォントの利用に必要な、当方と利用者間で締結する契約を指します。
  11. 「個別規約」とは、本規約の他に当方が個別フォントに関して定める利用規約、当方がWeb上に掲載する案内(条件、手順、注意事項等)ならびに別途当方と利用者間で締結する契約書等をいい、個別契約の内容を構成するものを指します。個別規約の内容と本規約の内容が競合・錯誤・抵触する場合は、本規約にて別途言及がない限り、原則として個別規約の内容が優先して適用されるものとします。

第2条 (目的)

  1. 本規約は、当方が本フォント提供元より個別フォントを利用しようとする者・および利用者へ、本フォント提供元に共通して適用されます。
  2. 本規約は、個別フォントに関し、当方と利用者との基本的な権利義務関係を定めることを目的とします。
  3. 本規約は、当方によらず本フォント提供元以外から個別フォントを入手し、個別フォントを利用しようとする者・及び利用者にも共通して適用されます。
  4. 本規約が更新されたとき、および第7条による更新を行った場合で、個別フォントに添付されたドキュメントと比較して、内容に矛盾や錯誤が発生する場合は、本規約が優先して適用され、個別規約・個別契約が別途ある場合は個別規約・個別契約を優先して適用されますが、本契約にて別途言及がある場合は、原則として更新後の本契約の内容が優先されるものとします。

第3条 (本サイト以外での個別フォント頒布の許諾先)

本サイト以外で正式に頒布をしている媒体は以下になります

  1. ベクター株式会社 (許諾先サイト)
    https://www.vector.co.jp/soft/data/writing/se482220.html
  2. 書籍については、後日この規約をアップデートします。

第3条 (利用許諾)

利用者が本規約および個別規約の定めに従うことを条件として、当方は利用者に対し、利用者の所有するコンピュータにインストールし使用することを許諾します。

第4条 (追加の許諾が必要な場合)

利用者は、個別フォントをテキスト入力に使用して作成した成果物については、利用者の権利にて活用することができます。ただし、以下の各号に定める目的又は形態で利用する場合は、事前に当方にお問い合わせください。

  1. 営利利用
  2. 営利、非営利を問わず団体で使用する場合
  3. 商品名・商標名・屋号等で使用する場合
  4. 個別フォントのフォーマットを変更し本フォント提供元以外にて頒布しようとする場合
  5. 個別フォントをプログラム中・映像中に組み込み、実行・放送・上映・貸出・販売・頒布目的で利用する場合

第5条 (禁止事項)

個別フォント を使用するにあたり、以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。

  1. 個別フォントの全部または一部を無断で販売、譲渡、二次配布する行為。
  2. 個別フォントの全部または一部を無断で改変したり、それを公開する行為。
  3. 個別フォントを利用して、その文字を主たる目的として利益を得る行為。
  4. 第三者が有する著作権、商標権、肖像権、プライバシー、そのほかの権利・利益を侵害する行為。
  5. その他、方法の如何を問わず当方および関係者、関係諸団体の活動を妨害する行為。

第6条 (免責事項)

  1. 当方は、個別フォントが利用者の特定の目的に適合すること、利用者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
  2. 利用者が個別フォントを利用した結果被った損害につき、当方および関係者、関係諸団体は一切の責任を負いません。
  3. 当方は、個別フォントまたは本サイトに関連して利用者と当方以外の第三者の間に置いて生じた紛争については一切責任を負いません。

第7条 (個別フォント内容の変更)

  1. 当方は、個別フォントを随時変更、更新、または廃止することができます。
  2. バージョンアップにより字形に修正を加えることがあります。
  3. バージョンアップにより記号の配置文字区・コードが変更になる場合があります。
  4. バージョンアップの際、過去バージョンとの互換性を考慮しない場合があります。